狂気を宿していかなあかんなー言うてますけども。

銀と金。福本漫画の実写化は度々作られるが、まあ何とも言えないものになってしまうのは何故か。時代だ。えげつない描写が出来ないとびびってしまう自粛ムード漂う現代、人間の業や狂気の上澄みを掬ってさもそれがリアルガチのおっかねえもんとしてしまうから浅くなる。それとニーズのはき違え。遠藤や巽が女になってしまう。さらに色味。オリジナルの時代と現代とじゃそもそもの空気感とか鮮明さに違和感がある。
しかしそれらどれもこれもをそれはそれとしてこれはこれとすればそれなりに普通に面白がることも出来る。

銀と金は1992-96に連載されていた漫画。同じく92にはアカギが始まり、96からはカイジが始まっている。一番面白かった時期。今のカイジや黒沢をほとんど無に近い感情で読み進めているのとは違って、読むと心震わされていた時代の漫画。そんな原作をやるなら要らんことさえせにゃ大抵つまらんくはならんよ。まあそこで要らんことをしてくるのが流石ですよね。

巽が女なのは何かもう仕方ないんだと思う。そういうのには付き合わなきゃいけないんだよ何か知らんけど。
本筋とは関係のないところで出てくる名前に兵藤とか帝王とか使うのはクソ。無い方がいいセンス。ポーカー編でちょっと出てくる金貸しがウシジマくんなのも、飲みの席なんかでつまらない話を得意気にして自分は面白い人間だと思われていると思っているが誰からもそんな認識は持たれておらずむしろあいつしんどいから出来れば関わりたくないと思われているような奴が思い付いたんだろうな。ってめっちゃ毒吐かしてもろてますけども。

いや面白いんですよ。銀さんがリリー・フランキーで嫌だけど。一気に全話観ましたよ。Vシネの銀と金の方がより一層引き立てられましたけど。あくまで全部個人的に。

何より主題歌のamazarashiの『ヒーロー』にハマってずっと聴いてる。

盲剣客のブルース

今世紀一番の謎対決と注目していた『本上まなみVSハリウッドザコシショウ』が、ダウンタウンなうでさらっといじられて終焉を迎えていたので、「おいおいそりゃないぜ~!」と思いましたよねみなさん。



座頭市物語

座頭市物語

座頭市物語』1962年。

勝新座頭市をちゃんと観たことがなかったが、このシリーズ第一作はめちゃんこ面白かった。

勝新はこの頃まだ31,2という若さで、パッと見レイザーラモンRGかと思った。めくらあるあるを早く言い出したがるんじゃないかと思ってハラハラしたが、そんなことはなく、筋を通し情に厚い男だった。

女優さんの喋り方もゆりやんレトリィバァのネタやんと思って見てしまう自分はバラエティに毒されているが、平手造酒との決斗シーンやモノクロゆえの陰影の演出が今見ると斬新で素晴らしかった。

ひとつよくわからないのが、ヤクザ同士が町ん中でわーわーやり出した時に町人は家にこもってやり過ごそうとするけど、鍋の蓋や身近にあるものを打楽器のようにバンバン打ち鳴らすんですよ。あれ何なん。その頃の他の映画にもそんなシーンがあったような気がするんだけど、そもそもそういう風習があったのか、映画の演出なのか、検索しても見つからなくてそこだけずっと気になったままこの先生きていかねばならんのかよ。


惚れてきた女が顔を触らせがち。