90年代のあの吐き気のする雰囲気

どういう映画なんこれ。

と思いながら観てたけど、観終わったらきっと各々の解釈が付くんだろう。90年代特有の狂気を纏ったホラー風コメディって感じで観てたけど、終盤の主人公が錯乱する辺りから、これは現代人が陥りがちな情緒不安定を誇張したやつやと思った。チョゲチョゲパッション。

エリート会社員を気取って自分磨きを欠かさずにいる自分に酔い、イイ店で食事をするための予約に懸命になり、名刺の質に拘る。一見アホらしく思えるそれらだが、他に満たされることがないから仕方ない。そもそも満たされることがない。昔オウム信者が言った「お腹の空かない飢餓感」がこの頃から今もずっと変わらずに澱んでいる。団塊くらいの年寄りとのジェネレーションギャップはこれによるところが大きいと思う。ただ今は貧困問題もクローズアップされてきてるから、戦後に戻ってきてるんじゃないかって感じもあるよね。

自分がどうしたら満たされるのかもわからないから人を殺す。嫉妬や欲望の赴くままにセックスをして人を殺してそれを食べる。それで納得がいくわけもなく、罪の意識に苛まれ、これまでの犯罪を暴露しようとするも、まともに相手をされない。殺したことも曖昧模糊としてくる。妄想なのかリアルなのか。結局誰も自分という存在を認識していない。他人にまるで興味を示さない世界に自分はいるのだと思い込むのも仕方ないが、周りには君を思ってくれてる人もいるんやで。秘書の子とか。

映画でやってることはめちゃくちゃやけど、案外自分とかけ離れた世界とは思えない。いつ自分が錯乱してもおかしくないって多くの人が思ってるからこの映画が有名で今も観られ続けてるんやろうね。おーこわ。

ふざけるとまあ死ぬんちゃいますの

※ずっとネタバレやから。


ジェーン・ドウの解剖
予備知識なく観たので、解剖ミステリみたいなのをイメージしていたら、どっこいホラーでした。
終始不穏な雰囲気で、急遽運ばれてきたジェーン・ドウという名の謎の多い遺体の検死に、検死官の親子が巻き込まれる話。

序盤に息子のガールフレンドがデートの約束があったんか知らんけど、彼の職場である遺体安置所に突然現れて彼氏を驚かせてきゃっきゃしてるシーンでまずイラッとした。「お前、そういうんが命取りやからな!その悪ノリもクソおもんないからな!」さらに、怖いもの見たさに遺体を見せてほしいと言う女。戸惑う彼、父親が現れ、見せてやれと言う。一瞬うっとなるも、ビビってませんアピール。「は?遊び感覚でいたずらに遺体見たがるんもおかしいし彼も何でこんな女とおんねん。縁切れや。」と胸の裡で毒づく。
検死官の父子は、どちらもそれなりにちゃんとしてる。洋画だとこういうのは大抵息子の方が若さゆえのうぇーいなノリで事態を悪化させる行動に出るのがベタだけど、これは父子共に冷静で下手な行動に出ないのがよかった。

ジェーン・ドウの解剖序盤はまだミステリだと思ってて、外傷はないのに内臓に切傷があったり、どうしてそうなったのか考えながら観てたんだけど、突然ラジオから怪しい歌が流れ始めたり、嵐が来て外に出られないというニュースが流れたりと、ホラー展開が漂ってくる。
ちなみに遺体安置所も解剖室も地下にあって、エレベーターと階段が一つずつあるっぽい。まあそこはお約束で、エレベーターは止まって階段から外への出口も嵐で木が倒れて塞がれるんだけど。

で、ジェーン・ドウが何故どうしてあんな状態だったのか、論理的解決はない。オカルトで大体片付けられてしまう。蘇る遺体もちょっとどうなのそれって感じがした。ただ遺体が蘇ったせいであのガールフレンドが間違って殺されたので、そこは「それ見たことか。」と思いましたね。

大人になるにつれて孵化する虫への恐怖心

寝ている側の壁の裏からゴソゴソ聞こえてきて俺はもう怖くて朝だ。

引き続き海外ドラマの話。

メンタリストというと日本ではDaiGoがお馴染みですが、その彼も非常に影響を受けているというドラマ。サイモン・ベイカー演じるパトリック・ジェーンというメンタリストの元インチキ霊媒師が、サクラメントの警察のような組織に協力する体で自らの復讐を果たそうとする筋がメインとしてあって、サブに同僚それぞれのストーリーがあったり色んなクセの強いキャラがライバルとして現れたりする。
このドラマの面白いところはなんといってもジェーンのメンタリストとしての能力の高さだろう。ジェーンならピンチに陥っても初めから予測していて既に何か手を打っているだろうと思わせるキャラクター性。それ故に、子供っぽくて、自分のやりたいようにしかやらないところも、まあ天才ってこういうもんだからしょうがないんだろうなって目で見るしかない。ジェーンの周りの人間も、視聴者も。
内容はシリアスな話が多く、全体を通してダークな感じ。長い復讐のストーリーが終わった後は案の定しっくりこない感じになったけど、最終シーズン前のシーズンの最終話は個人的に一番グッときた。張の安心感も肝。


プライムで見つけて面白そうだなと思ったらクソおもろヤバかったやつ。
刑務所から出所した詐欺師の主人公が、地元に帰ろうにもボス的なやつが怒ってて帰ると殺されそうな雰囲気だったから(そいつを騙そうとして殺されかけたから刑務所に逃げ込んでいた)、とりまムショ仲間の名を騙ってそいつの親戚の家でそいつに成り済まして暮らせっかなーってやってみたら思いの外いけんじゃんってなったけど、まあどの家庭も問題は抱えてるもので、親戚でもない赤の他人だけど一緒にいるうちに情が湧いてきて、実は崩壊気味だった厄介なその嘘家族の為に頑張ってしまうお人好しな詐欺師。んで実弟や詐欺仲間もボスに捕まったから助けたいし、本当の自分の仲間と偽物の自分の仲間を助けて自分もこの先うまくやっていくにはどうしたらええねんめっちゃ大変やんもう頑張ってみるけどさって話。
ずっと一緒にやってきていた仲間や弟たちの問題と、別人を騙って新たに手に入れた嘘の家族の問題とをどちらも切り抜けないといけなくなっていくドツボ嵌まり感がいい。本人はもう追い詰められて胃が痛いだろうけど、視聴者はあまり深刻に感じないというか、何だかポップな気持ちで見ていられる。この詐欺師の主人公が、賢くて純粋で優しくて程よくブサイクなのがこのドラマの色味になっている。
今のところシーズン2まであって、続くらしいよ。


これもプライムで何となく見始めたやつ。
新しい暗号通貨を創った天才我儘女と、勤める銀行でマネーロンダリングを請け負って儲けていた悪い父親を持つ冴えない銀行マンと、治安の悪い街で暮らす妻子持ちのギャングの三人がメインのドラマ。
銀行マンのニックは父親と関わりを持ちたくないが、渋々怪しい金を預かる。その中にはギャングのロニーがニックの父に預けた金が含まれていた。イジーは世の中を変える暗号通貨を創り出してニックの勤める銀行にプレゼンするが、どこの銀行にも受け入れてもらえない。しかしニックは興味を持ち、イジーと個人的にコンタクトを取るようになる。そして父から預かった金を全額、イジーの創った暗号通貨にぶち込む。ニックの父が行方をくらましたために、ロニーがニックの元に現れて、金を返せと脅す。暗号通貨にぶち込んでしまったためすぐに現金化出来ず困るニックとイジー。インテリギャングのロニーも現状を省みて、その暗号通貨に可能性を感じ、俺もそのビジネスの仲間に入れろと脅す。そして噛み合ってるのか噛み合っていないのかわからんが追い詰められたやつらの運命共同体が出来上がる。しかしそこに悪徳FBIやら何やらまた悪いやつらがうじゃうじゃ絡んできて、ずっと大変。ずっと大変なドラマ。
キャラクターがリアルで、不正や罪を重ねる悪人でも家族には優しかったり、ふと善意が目覚めることがあったり、善良な一市民でも安易に人を傷付けたり、善悪の基準って環境とか立場とかによって違うよねって思った。

白人ばっかりいい思いしやがって!

日本は日本人だらけで外国人が少ない。これは当たり前に思う人が多いだろうけど、外国人からするとそうでもない。「日本って日本人ばかりじゃねえか!金田のバイク!ガッズィィラ!」と思うとか思わないとか。

人種差別ってのも日本人にはあまり馴染みがない。アイクぬわらが、電車で両隣に誰も座ろうとしないということを黒人が日本にいて感じることのひとつとして挙げていたけど、日本人からすると肌の色がどうこうという感覚はなく、ただ外国人という触れあう機会の少ない存在がなんとなくおっかないだけで、所謂差別というよりはちょっと目線が上の存在に怯えているだけだろう。

ということで好きな海外ドラマの話に移ります。
元々テレビドラマってのが苦手で、それもそのはず日本はくそみてえなのしかないからね。

初めてハマったのがこれ。

CIAを突然解雇されたマイケルがどういうことなんだよぉつって真相を突き止めようとするけどいきなり一文無しになったからとりあえず地元マイアミで困ってる人の依頼を請け負ってお金稼ぎながら頑張っていきまっしょいって話。マイケルが鬼強いので、悪いやつらに絡まれても日用品で武器や爆弾を造ったり仲間がうまいことやってくれたりと都合のいい展開が一周して気持ちいい。相棒のサム(ブルース・キャンベル)はおもしろおじさんだが元ネイビーで鬼強い。彼女のフィオナはマイケルが潜入捜査してるときに知り合ったヤバイ女で鬼強い。そんなんリアルやったら即死やんってシーンを毎度毎度都合よく濃厚キャラが乗り切っていくので、ただただたのしい。マイケルの吹替がクリカンなので、もしルパン三世がスパイだったら実写版だこれは。


幸楽か春菜のイメージが強い角野卓造。しかしモンクを見た人にとってはモンクさんのイメージが一番になるんじゃないかな。そのくらい吹替がいい。
元警察官のモンクさんは潔癖性で強迫性障害を抱えてておっさんなのに子供みたいでまあ大変で周りからすると面倒くさいキャラクターなんだけど、観察力がずば抜けていてどんな事件の犯人にも辿り着けてしまう。それだけ凄い能力を持っているのに、強迫性障害のせいで、歪んだものを見ると直さずにはいられなかったり、散らかってたり汚れてたりすると綺麗にしないと気が済まなかったりで、自らピンチに陥るというコメディ風味というか何だかにやけてしまうミステリー。ただモンクさんがとにかく純粋なので、周りも面倒くさいモンクさんをフォローしようと努めたり胸を打つところがたくさんあって良き。
自分にも、モンクさんほどではないけど潔癖ぽいとことか強迫観念そこそこなとことかあるから、周りが笑ってる場面でも共感して笑えないっていうかこれ普通じゃないんだって思うところがあった。これは子供から大人まで、おはようからおやすみまで楽しめる。全話面白いという奇跡のドラマ。



長くなったから一旦切る。昨日具合悪くてほとんど食べられなかったからお腹すいた。セブンのカレー買ってこようかな。セブンはたまねぎとおかかをぽん酢でいただくサラダが好き。

目覚めた朝は

grayな曇り空。

ロシアの映画が好きで、と言っても流通数が少なくてあまり観る機会もないが、ロシアの何が好きって、寒々しい広大な土地や灰色の空などの風土から来る物悲しさよ。孤独さよ。文学的にもトルストイドストエフスキー等の内省的だったり自意識だったり不安に苛まれながらどう生きるべきかというか細い路を見出だそうとする精神。性に合うわぁ。

今は観られないけど、ムービープラスでちょくちょく放送されてる作品。映画ではなくテレビ用に作られたらしいけど、すげえ好き。全二作がそれぞれ前後編に分かれてて、話は、まあ、暗い。主人公が超人的アクションで大勢の敵をバッタバッタと薙ぎ倒していくんだけど、爽快感より絶望感が上回ってて何ともやりきれない気持ちになる。

チェブラーシカ [DVD]

チェブラーシカ [DVD]

チェブラーシカもロシア感が強くて好きです。物語も歌も何だか薄暗くて切なくなる。

プライムで観られた数少ないロシア映画。低予算ミュージカルファンタジー映画で、ミュージカルもファンタジーも苦手な上に吹き替えしかなくて最後まで観ていられるとは思わなかったけど、何とも癖になる奇妙さで観続けられた。

ところで、基本字幕派からすると、吹き替えの方が優遇されてる感じがする。シネコンでも字幕の方が先に終わったり、吹き替えしかなかったり。
きのこ派たけのこ派とかクソどうでもいい話題より、字幕派吹き替え派とか、クリ派中派とか、そういう意義のある派閥争いを大々的にやってほしい。

血管を汚水が流れるようだった

盤上の夜 (創元SF文庫)

盤上の夜 (創元SF文庫)

SF小説ってヴォネガットくらいしかまともに読んだ記憶がなくて、『1984』も途中で厭になってしまったが、この『盤上の夜』は凄まじかった。そもそも日本人作家のSFって小松左京とか筒井康隆とか星新一くらいしか読んだことなかったかな。

六編からなるデビュー作品集で、どの短編も長編としても書けるくらいの密度があって、洗練された文体とセンスから深みのある文学性が生まれ、今後読み続けたい作家と出会えたという喜びがある。

一編毎に一つのゲームが題材としてある。囲碁、チェッカー、麻雀、チャトランガ、将棋。それぞれの世界に身を投じた人間達が織り成す諸々を切り取っているが、そこに虚実が入り乱れることによって生じるSF的要素と哲学とが読者各々による思いを抱かせる。

その中でもチェッカーを題材とした『人間の王』という物語は、これはノンフィクションじゃないかと思いながら読んでいた。後からググってみると、書かれていることはやはり事実のようだったが、チェッカーというマイナー且つ滅んだゲーム故知りえない謎が多い。だからなのか、ノンフィクションであっても正にSFだった。
実際にあった過去の出来事をSFとして読まされる感覚は新鮮だった。

『千年の虚空』は将棋を扱った話だが、棋譜や符号は一切出てこず、池上遼一作画で全二十三巻くらいの漫画になりそうな一編だった。

どれも短編でありながら、一人あるいは数名の人生を書いた大河だった。
繰り返される諸行無常、よみがえる性的衝動、人間の業、遊戯、歴史、意思、思念、真偽、様々な要素を搾って出た汁を煮詰めて出来たドス黒く磯臭い固まりを煙草のヤニのこびりついた窓ガラスに投げつけて割れた破片の突き刺さったチンピラの苦渋い表情みたいな小説でした。いや、路上の油浮く虹色の水溜まりにベロを繰り返し浸す野良犬の前世の記憶を呼び起こすAIが導き出したこの世の結論みたいな。いや、おつんつんのどぴゅどぴゅをネピネピメイトで...(業)

日曜の朝はキッズ出没注意

友人とだらだらボイチャしながらやるのが楽しくてPUBGやってるけど、ゲーム自体は苦手で下手やしWi-Fiカクつくしタッチパネルでゲームって操作性うんこやろ。現代っ子(いまっこ)ってコントローラー並みに扱えるん?こわ。(→※1)

しかしまあ個人的にはドン勝よりも面白いことを言えているかの方が大事なので、やる気のベクトルが違う方向いててオナチー(同じチーム)の人には申し訳ないけど、友人でないオナチーの人に聞かせる、いわゆるすべらない話みたいなものを持ってないなぁと、言われて気が付いた。あまり日本人と一緒になることがないから大体友人と最近あったことだのその場の思いつきだのを話してて、以前話した面白かった話をもう一回することなんてないやん。すべらない話って使い捨てやから、あったとしても口にしたもんから離してもうてて思い出すことも出来んわ。(→※2)

でもほんまになにひとつ思い出されへんくて、流石にこれまで何かしらそういうような話はあったやろうと記憶を辿れど、過去を振り返るとすぐエモくなってしまう症候群やから、すべらない話とは対極にありそうな切ない気分になってしまってあかん。あかーん!

※1→タッチパネル嫌いやわぁ。ボタン付けてほしいわぁ。携帯もスマホなってから感触で打てんようなったから画面見な文字も打たれへんで。ガラケーやったら携帯見ることなく授業中でも机の下で文章打ってメール送信するまで出来とったで。こっわ。夢の中でゲロ吐きながら目覚めたんやけど、めっちゃこわない?実際は吐いてなかったけど目覚め一番気持ち悪いとこからのスタートってもうその日なんもやれんわ。帰りたくなった。山奥の秘境に。

※2→・外国人のボイチャってやたらやかましい音楽垂れ流しとるやん。ゲームやってる最中にバックグラウンドで鳴らしていい音量ちゃうやろ。どっちかにせいよ。ゲームか聴くか...聴くかゲームかや!
・よく側に誰かおるやん。家族か親戚みたいなんの会話がほぼ同じvolumeで入ってくんねん。皆が集うリビングでやっとんか。部屋数2とかなん?
・車の走行音近いのはもう何やねん。道路脇でやっとんか。バス待ってる最中とかなん?トゥクトゥクなん?

すべらない話ってそれぞれ一つはあるもんなんかな。全然思い付かんわ。もしかしておれに面白い出来事なんて起こったことなくて、これまでしてきたつもりでいた面白い話は全て妄想や誇張の類やったんかもしれん。こわ。こっわ。怖いから寝るしかない。おやすみなさい。FUCK!!